アウラ国立ブログスクール紹介お問い合わせ
最新の記事

過去の記事一覧


2017年2月の記事一覧


こんにちは♪

先日の節分、皆さんのご家庭や学校ではどう過ごされましたか?


アウラ国立スクールでは紙芝居を使った読み聞かせを行いました☆

読み聞かせを行うことで、読書に対する興味も強くなるそうです☆関心の幅が広がるといいですね


紙芝居の内容は節分の由来だったので、日本の風習を知るいいきっかけになったと思います。


鬼の歌を大きな声で歌うと、生徒達も笑顔になりました☆




「知ってる!そのトゲトゲで痛いのはひいらぎだよ~♪」

絵を見ながら説明してくれる子もいました




紙芝居が終わると、「お話に出てきた鬼はどんな鬼なのかな?」と鬼の顔をみんなで描きました☆




紙芝居に出てくる、鬼の絵を忠実に表現しようと、じっと見ながら描く生徒もいたり

「どんな鬼でもいいの?」と自分の考えた鬼を描いてくれたりと

一人一人想像をしながら描くことができました!





嬉しかったのが、紙芝居の中で表現されていなかった「鬼の性格」を書いてくれたこと。

「このお話の中に出てくるのは…おこりんぼう鬼?泣き虫鬼?」
と聞くと「こんな鬼!」と画用紙に書いてくれた生徒達。


《おにのせいかく:〜〜》と書いてくれた生徒もいました♬

皆、物語を楽しんで、想像力を発揮しました。



この日のおやつは節分仕様の和風おやつ♪

黒糖のふがしは金棒をイメージしました☆




いつもと違う和風のおやつも話題になります。

「お豆、結構好きだよ!」「今日はお団子だって~♪やった~!」

おやつを食べながら、節分の日の思い出を話したりしました☆



立春を迎えましたが、まだまだ
寒い日は続きそうですね。

2017年もみんなが健やかに過ごせますように♪
福が舞い降りるよう、祈っています☆
2017/02/08 16:07