アウラ湘南辻堂ブログスクール紹介お問い合わせ

8/9(木) 本日は、予定通りに開室します。

気をつけて、ご登校ください。
2018/08/09 06:01

6月のもうひとつの「ファミリーデイ」が第3日曜日にありましたね。


先月に引き続き、アウラでも「ファミリーデイ」第2弾の作品はこちらです。



拡大をしないとわかりづらいのですが

ウッドクリップやアルミピンが付いている

「メッセージボード」を作成してみました!


そして 大切な


こどもたちからの手紙・・・

そのひとつにこのような言葉が書かれていました。

『 いつもおしごとしてくれて ありがとう。

 なかなかあえないけど だいじょうぶだよ。』


実は、このメッセージを書いている時に

お仕事が忙しくて、なかなか会えないから作っても渡せないかも・・・と話してくれた出来事がありました。

現代の保護者様は、本当にお忙しい日々を過ごされていますよね。

いつもこどもたちに申し訳ないな・・・という気持ちを、きっと抱えておられると思います。

でも

この「だいじょうぶだよ。」の一言に、自分のことよりも相手を敬う優しさがいっぱいつまっているのを感じ

夜な夜な折っていてじ?んとしてしまいました。

こどもたちは、自分の気持ちを言葉で表現するのが、まだまだ難しいです。

しかし、その短い言葉の中に様々な想いがあることをどうか受け止めていただければと思います。



同じことを何度も言ったり 聞いたりする毎日ですが、こどもたちとの会話を楽しめる心のゆとりをもちたいですね。
2018/06/18 18:26

進級して2カ月が過ぎ

こどもたちも 少しずつ新しい環境に慣れてきたようです。


進級を楽しみにしてほしいという願いを込めて、春休みに作った「ランドセルの小物入れ」も色とりどりでしたが



アウラのロッカーは まるでパレットのように色彩豊かなランドセルが今日も並んでいます。

5月はたくさんのイベントがありました。

アウラでは毎年「ファミリーデイ」のプレゼントを手作りするのですが


今年は『フラワーガラスドーム』を作りました。




日頃から工作が多いので

ホットボンド(グルーガン)を使うにも慣れたものです。


また いつも思うのですが

こどもたちが作るものは  いつもカワイイ。

短時間で感性の赴くままに作り上げる姿を見ると芸術家に見えてなりません。




このような こどもたちからのプレゼントに対して

「いつも素敵なプレゼントをありがとうございます。」と連絡ノートに書いてくださるお母様方。

こちらこそ

いつもありがとうございます。













2018/05/31 17:17

立春の前日は「節分」ですが


2025年(2021年説もあり)からは、節分が2月2日になりそうです。


これは「立春」を二十四節季で算出しているため、太陽 の運行によって変わってきてしまうのだそうです。

2月3日が浸透しているので、少し違和感ありますね。


今年の「節分制作」は、「柊鰯」をつくりました。



現代ではなかなか「柊鰯」を玄関先に飾る風習は見られなくなったので

こどもたちも「鰯」のことをしばらく「サンマの頭」と勘違いをするほど・・・


「何で柊の葉っぱなの?」と一人の女の子が作りながら質問をしてくれました。

「それはね、柊の葉っぱのトゲトゲがね、鬼の目にね・・・」と柊鰯を飾る所以を説明をすると


「なんだか鬼がかわいそう・・・」

この感性がすばらしいですね。


行事や風習だから・・・ではなく、相手の立場にたって考えられることが一番大切だと感動していた側で


「うりゃー!!!!!」と男児・・・・

巨大化した『豆ボール』を鬼に向かってひたすら投げ続け

鬼退治に夢中です・・・・・


「なんだか鬼がかわいそう・・・」って思えてきました。

















2018/02/02 18:14

12月25日(月)

今日はアウラのクリスマス会です。


こどもたちがお友達を連れてきてくれるので

私たちも新しいお友達と知り合うことができ、とても嬉しいです。


寒空の中でも負けずに、「リース集めゲーム」・「カード椅子とり」・「サンタとトナカイ」ゲームで身体もぽかぽかになりました。


クリスマス会では、「おやつクッキング」もします。

今年は「型抜きフェアリーブレッド」と「チキンフィレ」と「シュワシュワフルーツポンチ」です。


星形パンの中には、スプリンクルが隠れているのですが

余った材料を使って始まるのが「男子ごはん」・・・

食べ盛りの男子たちが創作料理を始めるのも毎年おなじみの光景です。

残念ながら「インスタ映え」しない作品なのですが(笑)

いつも余すことなく、きれいに食べきってくれるのでありがたく思います。


会の後半では、今年も「三田九郎からの挑戦状」が届き・・・

こどもたちにサイエンスクイズを出します。


それぞれのペットボトルには異なる量の水が入っており

目の前のペットボトルの水が次々と色を変えます??

「地球の重さが5番として、その他の色水は何星の重さを表しているのでしょうか?」


2017年のサマーキャンプのテーマが「宇宙」だったということもあり

太陽系惑星のシートを見ながら考えています。


正解はこちら ↑


天体の大きさと重さは必ずしも同等でないこと

惑星を構成しているものによって重さがちがうことに気づき、何度も持ち上げて楽しんでいました。

「月って意外に軽いんだな?」

実際に惑星などを持つことはできないけれど

持った気分になれたようです。


工作では「マスキンググラスのドアチャイム」を作りました。


「チリ?ン」とまるでトナカイがやってくる鈴の音のようです。

アウラのこどもたちのところには「三田九郎」?

それとも本物のサンタが現れた?

「お願いした物でないのが入ってた?」と大騒ぎだった翌日でした。





























2017/12/28 19:16