【早目の熱中症対策をしよう!】

●熱中症のリスクに気を付けよう
新型コロナウイルス感染症の拡大により、ほとんどの人がマスクをつけて自粛生活をしています。家にいることが多くなると、つい運動不足になりがちです。長期間運動をしないと筋肉量が落ち、水分を保水する機能が低下してしまい、脱水症状になりやすくなってしまいます。さらに、マスクをつけていることによって、喉が乾いていることに気づかず、水分補給が遅れ、脱水が進みやすくなり、熱中症にかかりやすくなってしまいます。
また、脱水症状は免疫力低下にもなるため、ウイルスの感染リスクも高まります。

●熱中症予防のポイント!
熱中症で病院に運ばれてしまうと、コロナウイルス感染のリスクもさらに高まり、現在懸念されている医療崩壊につながってしまいます。
いま私たちにできることは、日々の生活の中で、熱中症を予防して健康に気を付けていくことです。

熱中症予防のために、一人ひとりが以下のことに気を付けていきましょう。
①朝・昼・晩の三食をきちんと食べ、偏った食事をしない
②喉が渇く前に、こまめに水分補給をする
③暑いときはクーラーをつけて体温調節をする
④換気をこまめに行う
⑤睡眠を十分にとる
⑥室内でもできるような運動を行う

しっかりと体調を整え、みんな笑顔で大変な状況を乗り越えていきましょう!

学童クラブアウラ本部