9月に入り、夕方から夜にかけて少しずつ過ごしやすい気温の日が増えてきました。実は本日9月9日も、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句と同様に、「重陽の節句」として定められているのをご存じでしょうか?

この「重陽の節句」は別名「菊の節句」とも呼ばれています。桃の節句や端午の節句と比較すると馴染みが薄いですが、かつて平安時代の貴族たちは他の節句よりも、「重陽の節句」を重視していたというほど大切なものだったのです。

重陽とは“陽が重なる”という意味です。陰陽説では数字にも陽と陰があると考えられており、奇数は陽の数字とされていました。なかでも“9”は陽の数字の極数のため、その数字が重なる9月9日は、非常に縁起のよい日とされていたのです。一方で、陽の気が強すぎて不吉なことが起こりやすいという考え方もあり、お祓いの意味も込めて「重陽の節句」が重用されていたともいわれているのです。

「重陽の節句」では不老長寿や繁栄を願うとされており、桃の節句で飾った雛人形を「重陽の節句」のときにも虫干しを兼ねて飾っていました。また、「重陽の節句」の前夜に菊の花に真綿をかぶせておき、9日の朝にその真綿で体をふくと若返るという言い伝えもあります。さらには、湯船に菊の花を入れる「菊湯」などもあり、不老長寿の象徴である菊が重宝されていたそうです。

「重陽の節句」では、栗ご飯・秋茄子など秋の味覚を使ったものが食べられます。かつては一年の節句のうち、もっとも重要視されていた「重陽の節句」。この機会に不老長寿を願い、昔ながらの風習に浸ってみるのもよいのではないでしょうか。