みなさんは、秋の味覚といえば、何を思い出しますか?梨?それともかぼちゃ?それとも松茸?

今日は、秋の味覚の中でも「栗」と「サツマイモ」のお話です。

突然ですが、10月13日は「サツマイモの日」でした。なぜ10月13日か知っていますか?
理由は、諸説あるようですが、今日はその内の一つをご紹介します。

昔、秋の味覚の代表格といえば栗でした。「栗」は「九里(くり)」と書けることから、江戸時代に焼き芋を売っていたお店では、栗に近いぐらい美味しいサツマイモの売り出し文句として、「八里半」などと洒落て言っていました。しかし、そのうちサツマイモは九里を大きく超える「十三里」と言われるようになったのです。

なぜ十三里かというと、「栗より(九里四里)美味しいサツマイモ」ということで「9+4=13」となり、「十三里」となったというのです。

その言い伝えが残って、10月13日が「サツマイモの日」となったそうです。

とても面白いお話ですね。

ホクホクで甘いサツマイモには、腸内環境を整え、便秘解消に役立つ食物繊維、免疫力アップやお肌の調子を整えるビタミンが豊富といわれています。

この秋はサツマイモをたくさん食べて、元気に冬を迎えたいですね。

 

学童クラブアウラ本部