2月の行事といえば節分ですね。今年は124年ぶりに2月2日が節分の日となり、話題となりました。今日は節分の由来について調べてみました!

 

節分には“季節を分ける”という意味があり、本来は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」それぞれの前日のことをいい、年に4回あるそうです。旧暦では春が新しい年の始まりだったため、立春の前日の節分が大晦日に相当する大事な日でした。そこで、節分といえばこの日をさすようになったそうです。

 

現在のように豆まきを行うようになったのは江戸時代からです。鬼は邪気や災いの象徴とされ、恐ろしい出来事は鬼の仕業とされてきました。昔、京都に鬼が出たとき、毘沙門天さまが「鬼の目に大豆を投げなさい」とお告げをして、見事に鬼を退治できたという言い伝えから、豆をまくようになったといわれています。ちなみに、生の豆をまいてそのままにしてしまうと豆から芽が出てくる=邪気が芽を出すとして縁起が悪いため、炒った豆を用いるようになったそうです。

 

一つ一つにきちんとした由来があって面白いですね。現在では掃除をするのが大変という理由で豆まきを行わないご家庭が増えています。伝統的な行事ではありますが、地域によってそれぞれのやり方がありますので、ご家庭でも事情に合わせてアレンジしてみるのもいいと思います。「昨日、豆まきを忘れた!」という方、数日遅れでも大丈夫です。是非、お子様と由来を確認しながら、豆まきを楽しんでください!

 

setsubun