3月3日は雛祭りです。現在では女の子の健やかな成長と健康を願う日として定着していますが、中国の「上巳の節句」が元だといわれています。「上巳の節句」は奇数が重なる日を縁起の悪い日として、その日に邪気を祓う儀式を行う行事です。この儀式が平安時代に日本へ伝わり、今の雛祭りの元になったそうです。3月3日が雛祭りへと変化し始めたのは江戸時代のことです。初節句という赤ちゃんが生まれたことを祝う風習が誕生したことにより、雛祭りはますます盛んになっていきました。この頃から鮮やかな雛飾りで彩るようになったそうです。雛祭りの前には市場なども開かれ、色とりどりの雛飾りを目当てに集まった多くの人でにぎわっていたとされています。

 

雛人形にも歴史があります。昔は、紙で雛人形を作って、病気や怪我などを持っていってもらうように川へ流す「流し雛」をしていたそうです。職人の技術が発達するにつれて豪華な人形が登場し、今はご家庭に飾ることが多いけれど、昔のように「流し雛」をする地域もあります。雛人形は立春から2月中旬にかけて飾り、雛祭りが終わったらできるだけ早くしまうのが良いとされています。関東では一般的に、お内裏様を向かって左、お雛様を向かって右に飾ります。京都などでは反対に飾るところが多いようです。

 

雛祭りには、雛人形を飾る他にも様々な風習があります。その一つが雛あられを食べることです。雛あられにはピンク、白、緑の色があり、ピンク…生命、白…雪の大地、緑…木々の芽吹きという意味があるそうです(諸説あり)。4色の雛あられは四季を表しているという説もあります。いろんな色を楽しみながら食べてみるのもいいですね。

 

今も昔も「健康で元気に過ごせるように」という親の願いが込められている雛祭り。行事に込められた思いを大切にしながらお祝いしましょう!

 

 

20210303