東京オリンピックの開会が迫ってきました。新型コロナウィルス感染症の影響で一年延期となり、今年もコロナ禍での開催となり様々な問題が生じていますが、最大のスポーツの祭典ですので楽しみにしている方も多いと思います。私たちがオリンピックと呼んでいるのは、実は正しくは【近代】オリンピックのことです。オリンピックのルーツである【古代】オリンピックは近代オリンピックとはかなり異なるスタイルだったようです。

 

<古代オリンピック>

古代オリンピックは、紀元前9世紀頃に古代ギリシャで開催されていた「オリンピア祭典競技」が起源だといわれています。当時のオリンピックは宗教行事であり、ゼウスをはじめとする多くの神々を崇拝するために行っていました。その当時から4年に一度の開催だったようです。

古代オリンピックで初めて行われた競技は「競走」です。第1回~第13回大会までは、「競走」の1種目だけでしたが、最終的には18種目にまで拡大しました。追加された種目は、レスリング、ボクシングの他に五種競技(短距離走・幅跳び・円盤投げ・やり投げ・レスリング)などです。

その後、ギリシャがローマ帝国の支配下に置かれたことなどが影響し、古代オリンピックは第293回大会で終了しました。

 

<近代オリンピック>

古代オリンピックの終了から約1500年後の1896年、フランスのクーベルタン男爵の提案により、第1回の近代オリンピックの開催が決定しました。開催場所は古代オリンピック発祥の地・アテネでした。

近代オリンピックには「オリンピック憲章」と呼ばれる、活動の意義や運用基準、大会の開催条件などを定めたものがあります。オリンピックの精神とは、「スポーツを通して心身を向上させ、文化や国籍の違いを乗り越え、平和な世界の実現に貢献すること」であり、現代にも受け継がれています。

日本が初めてオリンピックに参加したのは、第5回ストックホルム大会(1912年)です。出場選手は、短距離走・三島選手とマラソン・金栗選手の2名でした。

 

東京大会は約200の国と地域が参加を予定しています。競技数も史上最多となる33競技339種目です。新たに追加される競技もあり、日本勢のメダルも期待されています。コロナ禍で観戦には細心の注意が必要となりますが、日本選手の活躍に期待しましょう!

 

20210630