【みんなで知ろう!アメリカ大統領選挙について】

今週、アメリカ大統領選挙の開票が行われ、民主党のバイデンさんが過半数以上を獲得し、ドナルド・トランプ(共和党)現大統領に勝利し、毎日のようにニュースが流れています。
バイデンさんは、勝利宣言の演説の中でアメリカ国民に対し「私は分断ではなく、結束を追求する大統領となる。赤い州(共和党優勢州)、青い州(民主党優勢州)という見方ではなく、合衆国を見つめる」と強調しました。

さて、みなさんは激しい戦いをしているアメリカの「共和党」と「民主党」の違いを知っていますか?
トランプさんが所属する共和党のイメージカラーは赤!党のシンボルは強さを表す「ゾウ」です。シンボルを動物に例えるのは、面白いですね!また、赤い色も「強さ」を表す色でもあります。
主義は、保守主義で、政府の介入は最小にして経済的自由を訴えています。支持層としては、白人や敬虔なキリスト教徒が多いようです。しかし、近年では、労働者層の指示が増加しているそうです。

対して、バイデンさんが所属する民主党のイメージカラーは青。党のシンボルは「ロバ」です。「えー!?ロバ?なんだかゾウに比べて弱そう…」と思ってしまいますね。
その昔、民主党の大統領だったジャクソン大統領が、反対する人たちから”Jackass”と悪口を言われていたそうです。その言葉には「ロバ」という意味も含まれているため、ジャクソン元大統領は、「じゃあ、そのロバをシンボルにしよう!」と悪口を逆手にとってシンボルにした、という話があります。勇気がありますね!
民主党の主義は、リベラル(自由)主義で、社会福祉は政府の義務として、大きな政府を目指しています。バラク・オバマ前大統領も民主党でしたね。支持層は、マイノリティや労働者層ですが、近年では富裕層や高学歴の支持者が増え、共和党と逆転現象が起きているようです。

さて、今、私たちが住んでいる日本はアメリカの同盟国です。アメリカの動きは私たち日本にも少なからず影響があります。バイデンさんが勝利したことで、どのように日本に影響が出てくるのでしょうか…?関心を持って勉強してみるのも良いかもしれません。

学童クラブアウラ
http://renew.fg-aula.com