8月13日(木)~16日(日)は世間一般的にお盆期間といわれており、お休みの方も多いと思います。お盆の由来・起源についてははっきりしたことはわかっていないようですが、日本には昔から真夏にご先祖様を供養する風習があったそうです。そこに、仏教の「盂蘭盆会(うらんぼんえ)」という行事が伝わり、だんだんと定着してきたと考えられています。

 

お盆ではご先祖様をお迎えするための様々な風習や行事があります。

 

<迎え火・送り火>

ご先祖様をお迎え・お見送りするために焚く火のことです。一般的に、13日夕方に迎え火、16日夕方に送り火を焚きます。京都の夏の風物詩となっている「五山送り火」も送り火の一つです。電気のない時代に、ご先祖様の霊が迷わないように足元を照らす灯の役割を担っていたのです。

 

<盆踊り>

盆踊りの起源についてもいくつかの説があります。中でも有力なのが、仏教を広めるために始めた“踊り念仏”が元になったという説と、ご先祖様の霊を供養・もてなすという意味で始まったという説です。最近では人気アニメの主題歌も取り入れられ、娯楽的な要素が強くなっています。

 

今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響もあり、お盆休みに帰省することが出来ない方も多いと思います。家族や親戚と集まることは難しいですが、お盆の本来の意味を再確認し、故人を偲びながらゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

学童クラブアウラ

https://fg-aula.com/